アルトラーチェ復活

4月29日、アルトラーチェが移転して新装開店したので食べに行く事にした。
PXL_20240429_042552251.jpg

PXL_20240429_050658631.jpg
この建物の中に新店舗を構えるのだと思っていたのだが、
実際はこっちの建物が新しいアルトラーチェだった。
PXL_20240429_050716780 (2)
でかっ!
横から見た所。
PXL_20240429_051138567 (2)

中に入った所。
PXL_20240429_052324029.jpg
以前はジェラートと御菓子を販売してたが、新店はその他にピザや食料雑貨も売ってる。

ジェラート(ダブル702円)。
PXL_20240429_052905643 (2)
ブログの一番最近でダブル490円だったから大分値上げした。
因みにブログに最初に載った時はスーパー5が600円だった。
10年半で倍ぐらいになってる。
味の方は独特のクリーミーさは健在。
甘さを以前よりも抑えてるかもしれない、何となく味が足りない。
ジェラートを作る機械も新しい物に代わってるはずなので、味はこれからこなれてくるのだろう。

PXL_20240429_053024227.jpg
何時かピザを食べに来よう。
多分美味しいはずだ。

食後、キャンパーズアンドアングラーズ北広島の中を覗いてみる。
PXL_20240429_055338008.jpg
釣り具がメインかな?
まあこれから商売するならそれが妥当だろう。

ジェラートだけでは足りないので、向いのモスバーガーで新とびきりベーコンバーガー(セットで1210円)。
PXL_20240429_060643886.jpg

セットのオニオン&ポテトフライ。
PXL_20240429_060659051 (2)
1000円だすならバーガーキングに行くからモスは久しぶりだ。
味は日本人向けだし悪くはない。
でもまあ積極的に選ぶ程の物も無い。
それが店舗数にも表れている。
スポンサーサイト



南幌ポタ

4月28日。
PXL_20240428_024547582 (2)
桜の頃。
久しぶりに南幌温泉に行こうと思い自転車で出発。
約18km走って到着(道の左側に見える看板が南幌温泉)。
PXL_20240428_033203785 (2)
昼飯も食べに来たので一旦素通り。

PXL_20240428_045633571 (3)
麺屋 高橋というつけ麵で人気がある店が、南幌に出したお店。
よくグルメ記事で紹介されてるので、この度食べにきた。

正油らーめん(900円)
PXL_20240428_044547854 (2)
南幌産の長ネギと玉葱を使ってる。
玉葱の甘味がいい感じに味にプラスされてて、あと冬菇の出汁が効いてる。
豚骨スープでもこってりせずに食べられる。
なかなか美味しい。

食べ終わって外に出ると幟が目に入った。
PXL_20240428_045617628 (2)
なんぽろ らーめん街道。
JR高砂駅前から南幌を繋ぐきらら街道沿いにラーメン屋が多くあるので、最近はこれで売ってるらしい。
そういえば以前に行ったきららにもう一度行こうと思ってたのを思い出した。

南幌らーめん きらら。
PXL_20240428_050938189.jpg
昼飯二食目(笑)。

キャベツキムチらーめん(1000円)。
PXL_20240428_060230834 (2)
みそベースにした。
美味しい。
以前に食べた物は塩っ辛かったが、これは肩の力が抜けたような塩加減だ。
それが無化調の出汁とバランス良く合わさってる。
キャベツキムチの甘さも引き立つ。
これは南幌まで来て食べる価値あり。
流石ミシュラン ビブルグマン店。
次はつけ麵を食べに来よう。

南幌町ふるさと物産館「ビューロー」の5F展望台から見た風景。
PXL_20240428_063950135.jpg
南幌は江別と北広島と栗沢の間の農地のど真ん中にある町だ。
何でこんな所にこんなに人が住んでるだ?と不思議な気持ちになる。

帰り道。
PXL_20240428_070336892 (2)
温泉に入りに来たのだが、ラーメン屋2軒がどちらも並んでて、食べ終わった時には陽が傾く時間だったので、そのまま帰る事にした。

PXL_20240428_070907849 (2)

れんげが沢山咲いてた。
PXL_20240428_071155249.jpg

5月5日。
PXL_20240505_034953869 (2)
また南幌に行く事にした。

PXL_20240505_041201647.jpg
南幌で高橋の直ぐ近くにあった店、前回はラーメン屋を攻める事にしたので、次回に回してた。
北洋食産という会社の工場に店舗を作った物らしい。
PXL_20240505_045045021 (2)

サービスの昆布のおつまみとフライドポテト。
PXL_20240505_042823463 (3)
フライドポテトは揚げてから時間が経ってた。

たこの唐揚げクレイジーソルト(280円)、太ごぼう天(180円)、玉ねぎ天(180円)、りしり昆布うどん(600円)、かしぱん(50円)。
PXL_20240505_043040339 (2)
こちらも天ぷら類は揚げてから時間が経ってた。
なのでうどんの上に乗っけて食べた。
うどんの出汁は見た目は濃い醤油色だが味はあっさり。
出汁も主張せず無化調だろう。
かけうどんの状態で味のバランスが取れてると思う。
天ぷらを乗せると油に負けて味が分からなくなりかねない。
だが私のようなジジイにはこの位が丁度良い。
結構混んでたので人気もあるようだ。
ぶっかけも食べたいのでまた来よう。

帰り道の途中、ゆめちからテラス内のプチキッチンOgiOgiにて、いちごのスペシャルサンデー、白玉トッピング(580円+50円)。
PXL_20240505_053024478 (2)
思ってたよりも苺の味がしっかり付いてた。
この味でこの値段なら安いと思う。
この日は風が強くて、そのせいで花粉症が出掛けたので、まだ陽が高いうちに家に帰ってシャワーで体の埃を洗い流して昼寝した。

余市散策

4月12日。
PXL_20240412_235750609.jpg

余市駅を降りた後、道の途中に目を出してた蕗の薹。
PXL_20240413_010749218 (2)

今回の目当て、燻製レストラン 燻香廊
PXL_20240413_015720713.jpg

PXL_20240413_020026457.jpg
燻製屋・南保留太郎商店の隣にあるレストラン。
食材は燻製した物を使ってる。
以前に食べた時に美味しかったので、もう一度食べに行きたいと思っていた。

燻製ホタテのガーリックバター焼き(880円)。
PXL_20240413_020804618 (2)
美味しい。
スモークの香りが程よく、掛かったチーズがコクと味の調和を出してる。

スモーク鰊のサラダ(パンとセットで440円)。
PXL_20240413_021511103 (2)
確実に鰊はスモークした方が美味しい。

スモークポトフ(1760円)。
PXL_20240413_021809772 (2)
肉以外にも玉子、玉葱、ニンジン、ジャガイモは燻製されてた。
しかしくどくならないように程よい香りに抑えられてて、最後まで嫌味なく食べる事が出来た。

本日の食後のデザート 燻製くるみのキャラメルタルト(440円)。
PXL_20240413_024152815 (2)
香ばしい。

スモークブレンドコーヒー(550円)。
PXL_20240413_024406878 (2)
これが一番スモーク臭を感じた。
〆にふさわしいコーヒーだ。
総額4070円。
ランチの値段としては高いが、ここの料理に出した値段としては適正だ。

満足して店を出て、ニッカウヰスキー工場に向かう。
PXL_20240413_030142182 (2)
燻香廊は余市駅から3km離れてるので、散歩に丁度良い。

PXL_20240413_030338073 (2)

PXL_20240413_033351129 (2)

PXL_20240413_033934368 (2)

有料試飲場。
PXL_20240413_041207271.jpg
どんどん賑やかになっていってる。
売店で売ってる工場限定ウイスキーも180ml瓶で3000円に値上がりしてたけど、外人に取っては20ドルでしかない訳で、全然高いとは感じずに買っていくのだろう。
本当は工場限定ウイスキーを買いに来たのだが、値段が上がり過ぎて諦めた。

ブッシュミルズ シングルモルト 16年(15ml/600円)、シングルカフェグレーン ウッディ&メロウ(15ml/550円)。
PXL_20240413_040211191 (2)
ブッシュミルズは少しオイリーで落ち着いた味。
カフェグレーンは比べると荒っぽい。
酒を飲んだ後は、まだ14時ぐらいだったが、もうやりたい事が無いので帰った。

サロモン X ULTRA 4 GORE-TEX

2018年10月下旬に買ったサロモン XA PRO 3D GTX
PXL_20240420_020919691 (2)
サロモン XA PRO 3D v8 GORE-TEXの記事でも書いたが、普段履きにしてたが、上のように底がほぼ終了。
右足の方が分かりやすいからこっちも。
PXL_20240420_075426115.jpg
上面は全く問題無いので、破棄はちょっと勿体無く感じた(破棄したけど)。
で、前回の記事で靴の出物を待つかと書いたら見つかった。
サロモン X ULTRA 4 GORE-TEX(13860円で10%ポイントバック)。
PXL_20240420_020003921.jpg
ロングトレイル、ハイキング向けシューズ。
実測重量は28.0cmペアで791g。
XAは軽登山にも使えて、Xはロングトレイル、ハイキング向けという分類。
正直売り文句を見ても何が違うのかよく分からないので、この機に試すのも良いかと、これに決定。

V9はレビューで底が薄くなったと書いてあったので、各モデルの底の厚さを調べてみた。
かかと部高さ 前足部高さ ドロップ
XA PRO 3D GTX 35.7mm 24.7mm 11mm
XA PRO 3D V8 GTX 35.7mm 24.7mm 11mm
XA PRO 3D V9 GTX 28.7mm 17.3mm 11mm
X ULTRA 4 GTX 31.5mm 20.5mm 11mm
V8からV9で7mm薄くなった。
V8からULTRA 4でも4mm薄くなってる。
V9で薄くなった分は中敷きの反発力を増やしたので差は無いというアナウンスだが、小石踏んだりすると絶対差はあるだろう。
V9は軽登山向けではなくなり、トレランや新品を掃き潰すレース用途、もしくはタウンユース向けになったように思う。
ULTRA 4は元々酷い悪路は想定してないので、底の厚さもこの程度で十分という事だろう。
あとで実際に履いて歩いてみた感じでは、底がすり減ったXA PRO 3D GTXよりも底が厚く感じた(笑)。
PXL_20240420_075545937.jpg

X ULTRA 4のソールパターンは泥濘向けかな?
PXL_20240420_020909644 (2)
またXAよりも底が柔らかい。

爪先の保護部もXA PROシリーズよりも柔らかく、サイズも小さい。
PXL_20240420_075414698 (2)

並べた所、
PXL_20240420_075443348 (2)
ULTRA 4はシューレースが少し短く、靴が大きく開かないので、少し履き辛い。
あとXAシリーズの特徴になってる、親指側までのシューレースがないので、足指の回りが締まらずゆとりがある。
比べると底が柔らかいのもあって、普通のスニーカーに近い履き心地だ。
京都旅行八戸旅行みたいな時は、V8よりもULTRA 4の方が向いてただろうな。
まだ馴らし履きで街中しか歩いてないが、そろそろ登山で使ってみようかな。

テープクリップ購入

Lowe Alpine Tensor 23のショルダーベルトには余った分を纏める用の筒が付いてる。
PXL_20240328_143710101.jpg

ゴムで締まって動きづらいようになってたのだが、海外メーカーにありがちで、経年でだるんだるんになってた。
PXL_20240328_143738481 (2)

テープクリップ15mm幅用購入(Aliexpressで10個/354円)。
PXL_20240328_143652454.jpg

元々の物は切り取って、クリップで止めるように変更。
PXL_20240328_143957833.jpg
スッキリした。
ついでに左右で2gの軽量化(笑)。

Osprey Exos 48のベルトにもクリップを付けて纏める事にした。
PXL_20240330_010717952 (2)

テープクリップ38mm幅用(Aliexpressで10個/413円)でウエストベルトの余りを纏める。
PXL_20240330_011048103.jpg
沢山歩く時はこれがぶらつくのが気になってたので、早くやれば良かった。

ショルダーベルトにも追加。
PXL_20240330_011637674.jpg
次は何時使うかだな。

因みに以前に下のタイプのテープクリップを購入して使ってみた事がある。
PXL_20240415_133608847.jpg
が、これはハズレ易過ぎて直ぐに使用を止めた。
このハズレ易さが丁度良い場合もあるだろうし、幾つか試してみるのが正解だろう。

検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ